2016/05/27

クラウドファンディングの追加コース&ライナーノーツ

前回お知らせした追加コースの内容が着々と決まって来ました!
https://www.muevo.jp/campaigns/902

【130%】支援者様全員ご招待イベント
第一幕:MVプロトタイプ試写会(死者会!?)& トークライブ & ミニライブ
*7月下旬、都内開催予定
*当日来られない方にはストリーミング配信にてご覧頂けるように致します。
*上映会後は全員に当日の模様を編集した動画データ(URL)のご提供

第二幕:MV完成試写会(死者会!?)
*8月下旬、都内開催予定
*上記同様ストリーミングと動画データのご提供
*メイキング映像や海外ツアーの裏話もあるかも?ふふふ。

【150%】支援者様のみ閲覧出来るスペシャル映像を期間限定公開
映像には残っているのに販売出来ない大人の事情なものもあり(私のせいじゃない。笑)、その中から一つを皆様に公開したいと思います。
内容は乞うご期待!

「Mika Type い」セルフライナーノーツ開始

小林未郁「Mika Type い」
発売日に向けて収録楽曲にまつわるお話を書き進めてみたいと思います。
因みにこちらは表の話…裏の話はまたどこかで。うふふふふ。
まずはオリジナル版「タマシイノハナシ」より。

1、ブランコ
弾き語りをする前に作った曲なので、自身のアレンジを持っておりません。
それもあり前回の作り込みワンマンの時にアカペラで歌ってみましたところ、物語を読み聞かせているような気分になり、
今回もその雰囲気を盛り込みたくてアカペラにしました。
色々な事情で1回しか歌えませんでしたが、その分臨場感は出たかもしれません。
歌っている時はいつも「星の王子様」を彷彿とさせる絵が頭の中に浮かんでおります。
’君’を助けたいのにいつも上手に出来ない。不甲斐ない自分に向けた歌です。

2、侍
剱伎衆かむゐとのコラボレーションを何年も続ける中、サムライをテーマにした曲を書きたいと思いました。
歌詞は日本人からしたらかなりベタな侍の姿だと思うのですが、海外に向ける為に分かりやすいワードを入れてみました。
斬ることで人と向き合い、斬ることで通じ合い、それを無限に続けてゆく哀しみ。
かむゐとの海外でのショーの中でピアノの前で待っている時間があるのですが、それを感じる演目があります。
斬って斬って斬って、最後に侍が手を合わせるシーンでいつも心がぎゅううううとなります。
自分なりにですが楽曲として生むことが出来て本望です。
レコーディングでは一番最初に歌いました。そのまま次の曲「カタマリ」を続けて歌いました。

Copyright © 2020 小林未郁 OFFICIAL SITE All Rights Reserved.