2017/09/06

カナダ「Animethon」

更新が遅いにも程があるんですが…8月半ばは2回目のカナダへ歌いに行っておりました。
前回はケベックでしたが、今回はエドモントンへ。
ケベックは日本から見たカナダのイメージが強いと言いますか、広大な自然や空気の綺麗さや寒さなどなど。
エドモントンはクラッシックなアメリカの雰囲気があり、同じカナダなのにやはり街によってこんなにも違うんだなと、とても興味深く。

今回出演したのは「Animethon」というイベントだったんですが、何と24年も続いているらしく、海外のコンベンションには珍しくストレスフリーなホスピタリティでございました。笑
特別何かをやってもらいたいという訳ではないのですが、スケジュール、機材、アテンド、通訳など、最低限のものが揃っているというのがとても助かります。
恐らく規模が大きくなればなるほど海外だと難しいことが多く、長年続いている意味があるのだなと感じさせられました。

ライブ当日までは、例の如くサイン会、Q&A、リハーサルなどなど。


いつもはあまり乗り気でない私なのですが。。笑
今回ばかりは通訳の由香理さんが素晴らしい訳をしてくださったことや、ファンの皆様もいつになく深い質問を投げかけてくださり、個人的にはとても楽しかった!
サイン会はどこの国へ行っても真っ直ぐに「好き」という気持ちをぶつけてくださる方が多いので、毎回とても嬉しく思っております。

そんなこんなでライブ当日は大盛り上がりでございました。


あまりご存知でないであろうオリジナル曲の時にも、しっかりと拍手をくださり、ライブを観るマナーが出来ていらっしゃるのだなと。


恐らくそれはこのイベント自体が愛されている証拠なのだと思います。

終わってからのサイン会も、もうすぐ終わり!と思いホッとした表情で臨むことが出来ました。

あとね、フォトセッション。
各自のスマホで撮るのかな?と思いきや、クオリティの高いカメラで撮ってくださり、なんだか楽しくて色々遊んでしまった。

こういうのなら大歓迎です!

それから余談にはなりますが、食事はどれもこれも美味しかったー!!
スープ好きな私としてはスクワッシュがツボでした。カボチャとはちょっと違うけどそんな感じ、と説明を受けて調べてみましたが、そもそもカボチャの総称をスクワッシュと呼ぶそうで。
野菜も奥が深いですね。

あとはお肉ですとか、合間にアジア系フードですとか、アメリカ風のピザも頂きました。
パワー出ますわ。

ピザはね、sサイズの下にLサイズがあり、何かと思えば「リトル」でした。日本にも作って、リトルサイズ!!

行きたいところはない?と聞かれたのですが、あまり空き時間もなかったので、お土産を探すついでに巨大ショッピングモールへ。
なななななんと、モール内に船やら海を模したプールやらが…!土地があるって凄いです。


さすがスケール大きいなと思いましたが、逆に日本はミクロの技術力で対抗しましょう。職人万歳ですぞ。うむ。

そして何と言っても、今回お世話になった皆様。
しっかりアテンドしてくれた、現地スタッフのミケーラさんとサラさん。

通訳の由香理さん。

プロモーターの河野さん、梨乃さん。

皆様のお陰で本当に本当に心地よく過ごすことが出来ました。
今回お会い出来た皆様、そしてファンの皆様、ありがとうございました!

また行きたいです♪

Copyright © 2017 小林未郁 OFFICIAL SITE All Rights Reserved.