2018/05/16

冬のファン感謝祭 東京編「海に沈む、毒の花」2回公演

2017年12月23日
「海に沈む、毒の花 ~白昼夢~」
「海に沈む、毒の花 第九夜」
ガルバホール

いつ頃からかクリスマスのファン感謝祭が定番化したのですが、こんなにもクリスマスのキラキラ感から遠い私が何故。笑
この日を聞き納めにしてくださる方も増えたので、いつも何を歌おうかなとセットリストを組むのが楽しみであります。

そしてこの日は、初の2回公演、歌いっぱなし。
サロンコンサートではひとまずドリンクを出さない事にしたので(空間を借りる感じなのでドリンクも主催者側が用意するのです。)、90分を2回という組み方にしてみました。
自家製サングリアを提供するのも良いかなと思っていたのですが、毒入れちゃうかもしれないから!ふふふふ。

とっても素敵なガルバホール。

まずは白昼夢から。
久しぶりな楽曲を交えて、超個人的に明るい時間に歌ったら合いそうだなと思う曲を中心に歌いました。
会場はステンドグラスで囲まれているので、外の明るさを感じながら歌いました。

たま~に外で遊んでいる子供が私の正面にある窓から覗き込んで来て、「あの子は非現実な世界に存在する子供」と頭の中で設定して妄想してみたり。むふふ。
会場の雰囲気も相まって自分でも意外なほど没入感がありました。

ワンマンライブになると男女比が半々になるのですが、こちらはフラットステージだったので皆様ちゃんと観れたかしら、、とちょっと心配に。そんな時は寧ろ目を閉じて存分に音を浴びて下さい!!

お昼の衣装を敢えて暗くしてみました。

そして九回目を迎えた夜公演。
お昼の雰囲気とまたガラリと様相を変え、私の眼の前にまた違う世界が拡がった感じ。
白昼夢からの続きのような気もするし、もしかしたらこの夜の景色が本当の世界なのかな?と思ってみたり。

ずっと歌っていてずっと妄想の中にいるせいか、スイッチ入りっぱなしでお客様も含めてどんどん集中力が増していく空気がありました。
思ったより穏やかな顔をしています。

それにしても。皆様に埋もれている感じの私。妙な安心感。

夜はクリスマスらしく。とは言え中身は黒いじゃんって思われそうだけどね。笑

リハーサルから含めたらとにかくずーーーーっと歌っている1日でしたが、終わった後の脱力感もまた心地よく、普段は気づかないようにしているけど実はずっと抱えているものを一気に吐き出したような。
たまにはこんな風に荒療治的に吐き出すのも悪くないなと。(どんどん自分に対してスパルタになりそうで怖い。笑)

また折を見て2回公演のファン感謝祭を開催しますので、皆様もまた沈みにいらしてくださいね。

*セットリスト*
…使い終わったノートに記載しておりますので、後日更新します。
2回公演で曲数が多かったので、iPhoneメモではなく手持ちのノートに書きつつセットリストを考えました。
情報量が多い時はアナログに限りますっ

Copyright © 2018 小林未郁 OFFICIAL SITE All Rights Reserved.