その一 進撃祭@東京国際フォーラム 無事に終了致しました。

1

1曲入魂の2ステージ、今回も巨人になれましたでしょうか…。朝8時半入りでした。死ぬかと思いました。笑
こちらのベスト、前回の横浜アリーナでのイベント時に着ていたものと同じです。
気づいた方、いらしたかしら^^
ご来場の皆様、歌声を聴いて頂きありがとうざいました。

その二 いよいよワンマンライブです!

チケットが売り切れ、キャンセル待ち予約を受け付け、キャンセルが出て、キャンセル待ちの皆様も全員ご予約を承ることが出来、
なんと美しく落ち着いたのでしょう。さすが私のファンの皆様です。見えないところでも連携取れてます。笑
当日の諸注意につきましてブログ記事に記載致しましたので、ご一読くださいませ。

http://moon.ap.teacup.com/micat/2790.html

そして当日券が約10枚ほど出せることになりました。
条件つきではございますが、是非お越し頂けたら幸いです♪

★当日券
開演10分前からのご入場(18:50)、立ち見

7/9(土) 吉祥寺Star Pine’s Cafe
開場18:00
開演19:00
チケット 前売り3800円+1dr/当日4000円+1dr
http://www.mandala.gr.jp/spc.html

その三 グッズ出来ました!!

レーベルグッズを作りました。自分が欲しいものばかり作っているのでルンルンしてます。
そしてまだ届いてない商品も…!当日突然、販売するかもしれません。お楽しみに。
皆様、是非お手に取ってみてくださいね。(そして買ってくださいね。)

goods

*(左上)ロゴチャーム(キーホルダー or ペンダントトップ or 金具なし) 1つ2000円
*(右上)ハンカチ 1枚2000円
*(左下)告知用ポスター 1枚500円
*(右下)超限定キーホルダー(ピアノ or ハート 各5個のみ) 1つ2000円

その四 ライナーノーツ

13、桜の園
約7年前の国際芸術祭に出演した時にテーマ「劇作家チェーホフ」に沿って書いた曲です。作品を読んだことがなかったので「桜の園」を読み、インスパイアされて書きました。
ほぼインストになったのはコンテンポラリーと殺陣とのコラボレーション作品だった為、パフォーマンスの時間を確保しようと思ったらこうなりました。
切り倒される桜、崩壊していく家、そしてそこに留まる老僕。もはやラストシーンしか描いていないのですが、笑
散りゆく桜の情景を表現出来たのではないかと思います。
その後、海外でも必ず加えている作品ですが、解釈の幅としては私の楽曲の中で一番広いと思っております。

14、魂
「侍」と呼応するインスト作品です。前回のCDに収録した時はアルバムのまとまりとして短いバージョンにしましたが、
海外でのかむゐさんとのコラボレーションにより「師匠と弟子」の中での重要なBGMとなった為、今回はその尺に合わせて長いバージョンを弾いております。
長さを変えやすいのがインストの良いところかなと思います。

15、ゆびきり
2008年に書き、CDに収録するのは2回目です。今回はパーカッションとウッドベースが少しだけ入り、前回ともまた違う方向性になったかと思います。
この曲を書いたきっかけは忘れもしない、自殺に関するドキュメントを観た時です。目の前に自殺しようとする人がいたら、どう止めるのが的確なのか。あなたの親やあなたの友人が悲しむから、ではなく、「わたしが、悲しい」という感情をちゃんと伝えろ、と。それは自殺を止めることに限らず大切なことだと感じました。
‘わたし’ が ’あなた’に対峙する、ということ。向き合うこと、伝えること、受け入れること、そしてその上で傷つく覚悟も持つこと。
この曲を書いてからそれがずっと私の楽曲作りや人付き合いのテーマになっています。

因みに…結婚式で歌ってくれと良く言われます。曲を書いたきっかけはその場では絶対に言えません。笑